ときわ走林会ニュース

茨城県合同日本代表壮行会

6月23日に茨城県つくば市にて、ときわ走林会、筑波大学、茨城大学の有志による日本代表選手壮行会が行われました。
今年度も茨城県内クラブチームより、世界選手権大会(WOC)、ジュニア世界選手権大会(JWOC)、アジアジュニア・ユース選手権大会(AsJYOC)に計5名の日本代表選手が選出されました。
テレインは茨城県オリエンティアならおなじみの筑波大学。今回は中央図書館を中心としたエリアが使われました。

午前はノックアウトスプリント(KnockOutSprint)。
最近、各地で行われている勝ち上がり形式のスプリント競技ですが、今回は予選→準決勝→決勝と最大3レースを迫られました。
会場がスタート、フィニッシュ、スペクテーターズレーンを兼ねており、6人が同時にスタートするため、観戦が非常に盛り上がりました。
MEクラスは、昨年WOC代表の寺垣内さん(京葉OLクラブ)が優勝。2位と2秒差の接戦でした。WE/Aクラスはそれぞれ勝山さん(ときわ走林会)、宮川くん(東工大OLT)が優勝しました。

午後は設置されたコントロールを利用しての全ポ練。
全コントロール図1枚に対して、コントロール位置説明表が数パターン用意され、好きなコースを回りました。また、午前のレースで敗退した方々の決勝コースに挑む姿も見られました。

20190623_kosprint1
ノックアウトスプリント ME決勝スタート

今回、企画してもらった学生会員の谷野くんと竹下くんに感想をうかがってみました。

--

KnockOutSprintを企画からコースセットまで行った谷野文史です。
今回は茨城県の素晴らしい日本代表選手の壮行会ということで、どれだけ集客し、選手への寄付金を集めるかが課題でした。そのため、KnockOutSprintという日本ではまだ普及しきっていない競技を開催することで、その課題を解決することを目指しました。

当初、洞峰公園の地図を修正して大会を開催する予定でしたが、残念ながら渉外の都合上うまくいかず筑波大学での開催となり、慌ただしい中で授業の空きコマに地図修正と試走を繰り返したのは今となってはいい思い出です。

参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。そして、日本代表選手のみなさん、ぜひ世界へはばたいてください!

20190623_kosprint2
ノックアウトスプリント WE/A決勝スタート

ときわ走林会現役会員、茨大2年の竹下と申します。 
もともと谷野さんと練習会を開催しようという話をしていたものが紆余曲折を経て、今回の「茨城県合同日本代表壮行会」となりました。1年生の時に部内での練習会を開催し、そこから1年足らずで県を背負うとは想像もしていませんでした(笑)

前日に筑波大学で行われた練習会(旧図書館情報大スプリント)の後、運営資材が充実しすぎている谷野ハウスにて準備を行いました。運営経験豊富な谷野さんの指示により、日付が変わるころには作業を終えることができました。

当日朝、2人で40個ほどのポストを設置し参加者を迎えました。私はその時点でかなり疲れてしまいましたが、スタートの合図とともに駆けだす参加者の姿を見て開催した甲斐があったと思いました。
私の担当であった全ポ練習会も、予想より多くの方に参加して頂くことができてうれしかったです。

日本代表に選ばれた大栗選手、吉田選手、勝山選手、増澤選手、小牧選手は悔いの無いよう頑張ってきてください。応援しています!!

--

出場大会、および日程は以下の通りです。

世界選手権大会 WOC(2019年8月12〜17日、ノルウェー)
 勝山佳恵(ときわ走林会)
 増澤すず(筑波大学)
 小牧弘季(筑波大学)
ジュニア世界選手権大会 JWOC(2019年7月7〜12日、デンマーク)
 大栗由希(茨城大学/ときわ走林会)
アジアジュニア・ユース選手権大会 AsJYOC(2019年8月27〜31日、山梨県北杜市)
 吉田茉莉枝(茨城大学/ときわ走林会)
 大栗由希(茨城大学/ときわ走林会)

参考ページ