ときわ走林会公式ウェブサイト

ニュース クラブ紹介 イベント一覧 地図販売 資料・記録 リンク 会員用

百八式の魅力2「テレインと試走の感触」

| コメント(0)

12月29日に開催する煩悩滅却 百八式、今回は競技範囲と試走ついてお伝えします。

■テレイン
本大会は108コントロールもの超長距離レースとなるため、とても単一テレインでは収まりません。そこでYMOE社ご協力のもと、矢板市の複数テレインを使用します。
具体的には、「矢板幸岡」「矢板山苗代」「倉掛遊水地」の各地図をつなげた広大な範囲で、煩悩を滅せるコースをご提供します。
各地図がどのようにつながっているか、日本学連の地図販売ページにてご覧になれます。

■試走
10月13~14日に1回目の試走合宿を行い、実行委員長の八神さんに感想をうかがってみました。

-----
今回は七二式のコース案を走りました。10月と言うことで、ヤブは「最盛期は過ぎたかな」というところでしょうか。所々、間違えたかのようなスーパーA斜面が広がる辺り、やはり「いかにも矢板」なテレインの印象でした。踝ソックスで挑んだため、すね回りが大変なことになりましたが...。
コースの方は、必然的にコンピ区間が多いと言うことで、目まぐるしいナビゲーションの良い練習になりました。

108test

次回試走は12月上旬を予定しています。その頃にはきっと植生も格段に改善していることでしょう。
爽やかな(はずの)冬の矢板テレインで、皆様のご参加をお待ちしております。
-----

■参加にあたっての注意
なお、本大会への参加を検討していただくにあたり、注意事項を追加掲載しております。

長時間レースとなるため、まずはご自身の実力を顧みていただき、各クラスとも携行食持参などの装備を推奨します。(三六式と言えどもロング競技に値する距離ですよ)
過去に開催された百式の結果も参考にしてください。

不明点がございましたら下記メールアドレスへお問い合わせください。

  • tokiwa108_info@googlegroups.com
    (@を全角→半角に置き換えてください)

コメントする