ときわ走林会ニュース

地図調査講習会

9月11日に茨城県笠間市にて地図調査講習会が行われました。
近年、テレイン『北山』である北山公園のキャンプ場開発が行われているため、いずれ地図調査が必要となるためであり、調査未経験者向けの会内講習会でした。

今回は会員である椎名さんに報告をしてもらいました。




地図調査のテレインは2015年の東大大会前日大会で使われた「北山」、講師は東大OLKのOBさんである石輪さんと泰井さんにお願いしました。

まずは、30mで歩数を測り、それを地図上で何mmになるか計算しました。歩測の練習、コンタとりの練習をやったら実践です。
地図の一部を白抜きしたところに自分で小径とコンタを調査し、元の地図とあっているか、異なっているか答え合わせをしました。

*感想*
最初は高さがどう測ってもみんなの2分の1にしかならなかったり、精確に紙の上にあらわすのは難しかったですが、最後の小径とりは元地図と似ている小径を作ることができました!(^^)!
また、地図調査は大変だけど、自分で地図が作れたら達成はすごく大きいんだろうなあと思いました。いつか私も地図を作ってみたいなあ!!そして、いつも地図を作っているプロマッパーさんは、すごいなと思いました!!!!('ω')ノ あしゃみ




『北山』に地図調査の手を入れる日が楽しみですね。