2011年10月アーカイブ

2年ぶり!ナイトOイベントを開催します

ときわ走林会では2012年1月14日(土)に茨城県つくば市(予定)にてお気軽ナイトOイベント、シャンゼリOを開催いたします。過去何度も開催され、ナイトOの魅力を伝えてきたイベントが2年ぶりに復活です。夕方のトレーニング気分でお気軽にご参加いただければと願っています。

また同日、県内石岡市で開催される筑波大大会から続けてお楽しみいただけるイベントにも仕上げる予定です。また翌日は水戸市にて偕楽園大会も開催されます。ぜひこの週末は茨城県にてオリエンテーリングをたっぷりとお楽しみください。

詳細は来月発表予定で12月1日よりエントリー開始予定です。お楽しみに!

>> 2007年ナイトO ときわニュースレポート
>> 2009年ナイトO ときわニュースレポート

第13回いばらき大会

2011年10月16日(日)、笠間市で第13回いばらき大会が開催されました。前夜から当日朝方まで雨が降り続きコンディションが心配されましたが、受付時刻を迎える頃には、会場の笠間芸術の森公園はすっかり晴れ渡りました。今回の大会の会場・スタート地点は、いつも使われている北東部のイベント広場周辺ではなく、南駐車場そばの野外ステージでした。そのため、いつもとは異なる周り方に期待が高まります。

会場に集まったのは、28組30人強の参加者。そのうち、ときわ会員は参加者が佐々木さん、朴峠さん、西名さん、常住さん、蛭田さん、濱さん、木下。運営者が齋藤さん、小林さんでした。

20111021_cup

そのうち17人が参加したALクラスの距離は5.1km。佐白山まで行って帰って来れるだけの距離ですが、レッグは公園内を駆け回ります。公園部と林間部をつないで公園内をあちこちと走ります。気がつくと、芸術の森公園をほぼ2周半していました。
芸術の森公園は、穏やかで走りやすいテレインですので、のびのびと走ることができました。

ALクラスでは、佐々木さんが34分24秒で1位、朴峠さんが41分41秒で2位でした。詳しいリザルトはこちら↓
http://www.fureai.or.jp/%7Etakachan/OL/ibaraki2011/result.html

いばらき大会は、狩野安杯の対象レースでもあります。2008年に始まった狩野杯も今回で4回目。今回は上記の成績に基づき、朴峠さんが女子L杯を、佐々木さんが男子L杯を受賞しました。男子M杯の受賞者は永井さん。女子男子のS杯の受賞該当者はいませんでした。

参加した西名さん、朴峠さんからのコメントを紹介します。
(レポート:木下さん)

--------------------------------------------------------

西名さん

以前に行われたときわ練習会(@北山)を自宅から自転車で行ったときに辛い思いをしたので、リベンジをと再度挑戦しました。日立に住んでいるので片道50キロくらいでしょうか。

当日は早朝に雨が降っておりこれは断念かと思っていましたが、判断を下す7時になってかなり弱くなったので決行しました。到着する頃には暖かくオリエンテーリングをするにはとても良い天気でした。

笠間地域には何回か行ったことがありますが芸術の森公園は初めてで、さらに普段からパーク用のマップに慣れていないのかミスを連発してしまいました。脚を疲弊していたものの、公園内なのであちこち回されても楽しむことができました。終盤はもう太陽が完全に出ていて暑く、ラスポへ行く前に水道のお世話になりました(笑)

--------------------------------------------------------

朴峠さん

芸術の森1:5000の地図でのオリエンテーリングは、これまでとは違った趣向で、これまでになく公園を満喫しました。私にとって、狩野杯をいただけたことは今後への励みです。

足元には、栗や銀杏の実ですっかり秋の景色。と思いきや、スタート前には夏のような日差し。たっぷり汗をかいた後の飲料配布は、ありがたいものでした。

つくば在住の永井一家は、ご家族で参加されていましたね。にこやかだったり、ちょっぴり悔しそうだったり、お弁当を広げて過されていた雰囲気がとても印象的でした。

次にいばらき勢が集まるのは、全日本リレー。さて、各クラスどんな展開になるか、楽しみです。

20111021_kids

クラブ7人リレー2011 レポート③【最終回】

7人リレー2011レポート最終回は皆さんからのコメントを紹介します。7人リレーは来年5月の連休中に広島で開催されます。全日本大会との2Days。ちょっと遠いけれども多くのみなさんと遠征できる楽しみを分かち合いたいと願っています。今からGWのスケジュールを開けておきましょう!

20111002_relay01

黒羽さん(4走)

4走を走らせて貰い、幾つか小さいミスがありましたが、自分としては久々に充実した走りが出来ました。

ただ、結果が伴わず、チームの順位を落とすことになり、ちょっとショックでした。(レース中、走力が同一走者に比べて劣っているを見せつけられ、抜かれると焦って後を付けてしまうとなれば当然かもしれません。)つまり、自分の満足と結果は必ずしも比例しないということなのでしょうね。

次回は、このへんを胆に銘じて、準備し、望めればいいなあと思います。また、1チームではちょっと寂しいものがあります。来年は、場所が広島ということで、日帰り圏内ではなくなりますが、多くの皆さんの参加を期待します。


佐々木さん(7走)

7人リレーお疲れ様でした。チームとしては大方予想どおりの展開となり、またウムスタートなしで完走できたのでよかったのですが、自分の走った区間であまり順位を上げられなかったので、少し悔しい気持ちもあります。

今回の7走は登りが少なくコースも短めだったのでさわやか走りきることができましたが、結果を見てみたら区間順位がたいしてよくなく、平凡な走りとなってしまいました。個人的にリレーをするならもっといい走りをしたいと思っているので、日頃から準備して臨まないといけませんね。

来年の7人リレーは全日本大会にあわせて広島で開催するとのことですが、それなりに走れるように準備してときわ走林会で出たいと思いますので、よろしくお願いします。

20111002_relay03

小林さん(2011/10/16 追加)

今回は前日のスプリントから参加しましたが、結果的に前の日から走っていてよかった、と思います。特に平地林は走るたびに感覚がついてくる感じでいわゆる「かん」の大切さを改めて感じました。#普段やっていない、という方が正確ですが・・・。

もっともレース的には、6走や7走の選手に抜かれながらのレースで、速いな~と改めて痛感しました。準エース区間の6区だけの事はあるなと思いました。

来年は5月に広島県とのことですが、さすがに遠いなと思っています。ただ前日の全日本大会が世界ランキング大会になったとの事で、クラブカップも含め、ときわ選手の活躍をこの目で見てみたい気がしています。


八尋さん(応援)

当日は、(八尋さんのご家族の家に泊まった)小泉さんの送り迎えだけでしたが、少しでも皆さんの顔を見ることができ、嬉しかったです。風邪をひいてなければ、2日当日、全部見たかったですが、1走小泉さんのスタートを見れただけでもよかったです。

チームとして、参加でき、本当によかったです。来年は、広島県とのことですが、また参加できるといいですねぇ!


小泉(1走、本レポートの筆者)

今年は私のわがままで1走をやらせていただきました。ときわ走林会にとっては7人リレーはお祭りみたいなものです。祭りには盛り上がりが必要、僕が1走をやって勢いつければクラブとしても盛り上がる、さらに他のチームのリズムを狂わせもしかしたらもしかするかもしれない、といったことを考えやらせてもらいました。

そしてこの夏は世界選手権で1走を走りました。結果は振るわなかったわけですが、ではそんな選手がどのくらいのペースで走るのか、それを日本のオリエンティアのみなさんにも見てもらいたかったという気持ちもありました。

そのため当然ながらトップゴールが必須だったのですが、なんとか最低限のパフォーマンスは示せてよかったです。本当はもう1分くらい早く走りたかったので、もっと早く走れるようにがんばりたいです。

来年は5月のGWに広島で開催です。全日本大会との2days。行くのは大変であるのは明らかですが、行きたいと思うだけならタダなのでまずは気持ちを高めるところからぜひお願いします!

20111002_relay02

(このシリーズは小泉が担当しました。)

クラブ7人リレー2011 レポート②

さて、前回の記事でもお伝えしたとおり、想定通り1走でトップに立ったときわ走林会。今年は戦力的には女子のエース朴峠さんやお祭り男高橋さんが欠場のため、ここからどこまで逃げ切れるか、踏ん張れるかが作戦の肝でした。

2走はときわ女子の若きアイドル、常住さん。トップゴールの後「会場中の声援を受けて走れるという大変貴重な経験ができた」と周りを見る余裕を持ちながらスタートしていきました。レースは少しミスがあるものの、制限選手としては上々のタイムで帰還。

20111002_tune 20111002_hiruta
2走 常住、3走 蛭田

3走は蛭田さん。2007年以来、実に4年ぶりの出場。しかもオリエンテーリングもかなり久しぶり、という不安な状態ながら3走というランナー区間の特性を生かし、途中苦しい顔を見せながらも無事に走りきっていただきました。数年ぶりでもときわに帰って来れるのは楽しい、というコメントは常連メンバーとしては大変嬉しいお言葉でした。また大学の後輩である西名さんとも4年ぶりの再会。こういった地元での縦のつながりを保てるのも市民クラブの良さの1つですね。

4走は黒羽さん。いつもはときわBチームやベテランカップを走ってきたときわの重鎮の1人ながら、今回は後半の流れを決めるトップチームの要の位置を走っていただきました。失礼な話、筆者の予想よりも早いタイムで戻って来られたので、これからはトップチームの制限選手入りを目指していただきたい!と願うばかりです。

20111002_kuroha 20111002_taka
4走 黒羽、5走 齋藤

5走は齋藤監督。監督は自らを一番体力的負担の少ない区間に配置しました。非難轟々覚悟で楽をさせてもらった、とおっしゃってましたが、しかし筆者はきっと監督はチームの指揮に集中するためにそうしたのだろうと思っています。

6走準エース区間は今や茨城県協会を引っ張っている小林さん。前日のスプリント大会にも出場し、事前調整をしっかりと行うなどトップチームの6走を走るに値する準備をされてきました。その甲斐あって、チーム内の区間順位は小泉・佐々木に次ぐ3番目の好成績。黒羽さん同様、今後のトップチーム入りを期待したい走りをされました。

そしてアンカー7走は佐々木さん。これまでは6走や1,2走などでチームの準エースとして活躍してきた若いパパがついにときわのエース区間に満を持して登場。かつての俊足はやや衰えを見せたものの、歴戦のランナーらしく手堅く固め、区間19位、オープン参加チーム含めて8人ごぼう抜き、正規チーム内33位というきれいな数字でフィニッシュしてくれました。

20111002_koba 20111002_sasaki
6走 小林、7走 佐々木

拠点のある茨城から近い日光での開催ながら諸事情により人数が十分集まらなかったときわ走林会。しかしウムスタートなしで完走を果たすという目標に向かってチーム一丸となって立ち向かうことができたと感じています。また日本代表選手からベテラン・若手選手までが同じチームで走れるというのも7人リレーの魅力ではないでしょうか。

7人リレーレポート最終回の次回は参加したみなさんのコメントを紹介してまいります。

(このシリーズは小泉が担当しています。)

クラブ7人リレー2011 レポート①【速報】

20111002_7relay

クラブ日本一を決める大会が今年からクラブ7人リレーとして装い新たに再スタート、2011年10月2日に栃木県日光市で開催されました。

ときわ走林会からは1チームのエントリー。1走でエース小泉が区間賞でトップに立つなど大会を盛り上げつつ、無事に7人完走、33位となりました。今回含め3回にわたり小泉が7人リレーの様子をレポートいたします。
01位 3:06:41 ES関東C-A
02位 3:09:19 みちの会A
03位 3:13:18 静岡OLC 1

33位 4:18:30 ときわ走林会 小泉-常住-蛭田-黒羽-齋藤-小林-佐々木

ときわ走林会ニュース

ときわ走林会ニュースではクラブの最新ニュースをお届けします。

オリエンテーリングに興味のある方、社会人になっても続けたい方、とにかく自然の中を走りたい方、ぜひご連絡ください!詳しくはクラブ公式サイトにて

アーカイブ

最近のコメント