ときわ走林会ニュース

ときわウインターキャンプ2011レポートその2

ここで,ときわ杯のルールをご説明しましょう。

ときわ杯はときわのエースを決めるレースです。キャリアを積んで練習している人が速くあるもので、フィジカル面で生じてしまう差をハンデとして設けました。ただし、世界の一線で競い合うことを念頭に取り組んでいるナショナルチーム強化選手には、年代を問わず経験ハンデを設けました。また、設置者にはコース内の設置数毎に1分のハンデです。

さて、結果は!ときわ杯は朴峠に、2位は1分以内の差でベテラン濱さん、3位は続いて昨春インカレリレーで入賞を遂げたメンバーのひとり常住さんとなりました。

その夜、白里海岸の宿では豪華な海鮮料理が振る舞われました。千葉県沖で獲れる"ながらみ"を貝からくるっと出してパクリ。味はさざえに劣らぬようです。それから、いわしのごま漬け、かわはぎの煮つけ、海老やキスの天ぷら、海鮮鍋と大満足。

夕食後は、午後メニューのフィードバックとときわ杯の表彰。ときわ杯を獲得した小泉さんと朴峠は、ともにときわ初の連覇。2位3位と表彰が続き...。

 
優勝の2人と、3位の若い2人

ここでも重大発表。茨城大学OLDの西名君と東北大OBの岡本さんの入会宣言がありました。岡本さんは、同期の活躍や県協会の活動を通じ、20年振りにオリエンテーリングを再開され、ウェルカムバック賞が贈呈されました。夜は賑やかに親睦会。日本酒にウイスキーにワインも持ち寄ってくださり、楽しさもひとしおでした。この日は0時からサッカーアジアカップの決勝戦。夜中まで歓声が上がっていたようですね。


カムバック大賞の岡本さん

(レポートその3へ続く。。。 今回の報告:朴峠)