2010年9月アーカイブ

クラブカップ7人リレー2010 最終回

00年9月19日に長野県駒ヶ根市でクラブカップ7人リレーが開催されました。

今年で最終回のこの大会。ときわ走林会からは今年入会した新入会員も多数参加し無事完走。前後のイベントも合わせて18日~20日の秋の3日間を満喫してきました。成績速報と齋藤監督はじめ何人かのコメントを紹介します。

------------------------------------------------------------------

クラブカップ1走スタート(中央やや左に朴峠さん)
クラブカップ1走スタート(中央やや左に朴峠さん) 写真:O-Newsより転載

------------------------------------------------------------------

クラブカップ速報

7位 ときわ走林会-B 4:07:46
 (朴峠-サラ-神谷-石松-多田野-高橋-小泉)

-位 ときわ走林会-C 6:43:13(オープン参加、総合順番106位)
 (湯山-常住-齋藤-八尋-江崎-木下-朴峠)


ベテランカップ速報

13位 ときわ走林会-A 3:50:40
 (小林-黒羽-濱-上野山)

------------------------------------------------------------------

クラブ史上初のベテランカップ出場チームの4人
クラブ史上初のベテランカップ出場チームの4人

------------------------------------------------------------------

齋藤貴#監督@ときわ走林会です。

18~20日の駒ヶ根での3日間のイベントが終了いたしました。皆様無事に帰宅されましたでしょうか。齋藤は何とか。
#脚痛いですが。

19日のクラブカップ7人リレーは、結局1チームが人数不足でオープン参加ということになりましたが、クラブ名で3チームが出走することができました。特に、創立8年目にしてやっとのことベテランカップにチームを出せたのは、単に時の経過と共にクラブも高齢化してきた...という訳でもないでしょう^_^;;;

結果は、新メンバーサラさんを加えて臨んだ「ときわ走林会B」チームが、最後の最後に急追するスリリングなレースの末、21秒入賞に届かずの7位。ベテランカップに出走した「ときわ走林会A」チームは完走して13位。正規順位が付いた中では最下位だったようですが^_^;;; オープン参加になった「ときわ走林会C」チームは、残念ながら7走で繰り上げスタートになってしまい、総合順番106位、正規チームの59位に相当する成績でした。

ちなみに身近なところでは、筑波大の片方や東京OLクラブに負け、筑波大のもう片方や茨城大には先着したことになります。

今年も監督を引き受けまして夏合宿とかやってみましたが、ホンキで勝ちに行っているとはとても思えないノンビリムードで進めたのは、まァ監督個人の好みから来る方針ということでご容赦下さいまし。

今のような形でのCC7は今回をもって最終回とするという案内がありましたが、これに限らずいろいろなイベントの機会で、またときわ走林会としてみんなでオリエンテーリングを楽しみたいものです。

------------------------------------------------------------------

湯山さん小林さん常住さん齋藤さん朴峠さん
ゴールまで頑張るときわメンバーたち その1

------------------------------------------------------------------

八尋です。

CC7、お疲れ様でした。結果7位。最後のCC7で7位だし、ラッキー7だし、7並びで縁起がいいのではないかと、朴峠さんとも、会場で話してました。

ベテランチームも出せてよかったですし、お天気にも恵まれよい遠征だったなぁ、と思ってます。

------------------------------------------------------------------

神谷さん多田野さん黒羽さん木下さんサラさん
ゴールまで頑張るときわメンバーたち その2

------------------------------------------------------------------

多田野です。

率直に言うと、順位が7位だったので、とても悔しいです。特に私のところで上位チームに抜かれているし。ただ、今年は一生懸命狙って準備してきたわけではないし、そんなに簡単に入賞しちゃマズイだろうな、と思う気持ちもあります。

今年のウィンターキャンプの時に「昨年は1年間の大半をギプス生活していたので、今年はじょじょに走り始めて、ちゃんと走るのは来年のCC7で。」と私は話したのですが(←誰もそんな話は覚えていないかもしれませんが)、まさか今年でCC7が最後だとは思ってもみませんでした。あれ?目標がないぞ?という感じです。

しょうがないから、今年は今年で楽しむというか頑張ろうとは思いました。現実は甘くはなくて、石松君のように満足ですと言えるようなレースにはなりませんでした。やはり準備は大切だなと思いました。

出来ればリベンジの機会があれば、と思うのですが・・・ 7人リレーって絶妙で面白いので残念です。

------------------------------------------------------------------

最後にみんなで記念撮影
最後にみんなで記念撮影

東北大大会2010 レポート

小林さんから東北大大会のレポートが届きました。

---------------------------------

小林です。

日曜日(2010年9月12日)に東北大大会に参加してきました。

行く途中郡山で激しい雨に降られましたが(警報が出ていたようです。)仙台では1日小雨で、涼しい中でレースを行う事ができました。

会場では、三澤さんが安比からお見えになられていました。この他茨城県関係者からは斎藤早生さんや茨城大から3名参加していました。

コースは荒浜の防砂林を利用したテレインで、予選・決勝ともに微地形とヤブに苦しめられるレースになりました。

その中で、予選は何とかあまりミスをしないで回る事ができB-finalとC-finalとのボーダー付近までつけたのですが、結局はC-final。参加人数が少なかったため、ボーダーが上がったようです。私のクラスでは、14位でC-finalでしたが、15位でB-finalに進出できたクラスもあったようです。どちらになるのか、かなり緊張したのですが、こういった緊張感もまた面白いかと思いました。ちなみにB-finalとC-finalでは距離が1km違うのですが、やはりB-fanalを走りたかったな、という気がします。

もっとも決勝のレース内容を見るとC-finalが妥当だったのかと、思いましたけど・・・

レース終了後に、なじみの温泉に入ってきたりと久しぶりに仙台の町を楽しんできた気がします。また東北大大会を含め仙台の街に行ってみたいと思いました。

それではまた。