2005年3月アーカイブ

つくば飲み会レポート

aus_pic01
写真:岡部さんのオーストラリア土産に見入る人たち

 3月23日につくば市在住の会員でコンパを行いました。現在オーストラリア在住の岡部さんも一時帰国し駆けつけ、豪州のオリエンテーリング話で盛り上がりました。
 興味深かったのは豪州では、ストリートOという街中でやるレースには老若男女が参加している一方、ブッシュO(いわゆる森でのオリエンテーリング)には参加者が少ないということでした。その原因として、ストリートは気軽に参加できるがブッシュは遠くに出かけなくてはいけないということ(それでも車で1時間走れば済むらしいですが・・・)に加え、ブッシュは難しいしカテゴリー分けもたくさんありよくわからん、ということもあるそうです。ブッシュOの不人気はWOC開催を機に始まったということで、日本もWOC開催後については楽観的にならずしっかり考えたほうがいいという意見もあるそうです。豪州OL連盟ではストリートで人を集めて、そこからブッシュに勧誘しようといろいろがんばっているようです。上位連盟とクラブとが一体になって活動や普及を行っていることを我々はもっと見習うべきでしょう。

*ストリートO
 メルボルン周辺のクラブが交代で開催するレース。平日の夕方に毎日開催され、参加費は日本円で300円くらい。地図は白黒で街中・公園などの道路・線路情報を中心に調査された簡易なものを用いる。ルールはフリーポイント&スコア形式で、20個あるコントロールのうちの10~18個(カテゴリーによって数字が異なる)のコントロールを回ってきたタイムで競う。回ってくる順番は自分で決めてよい。岡部さんは今シーズン、ディビジョン1で2位につけているそうです。
aus_streetストリートOの地図

aus_pic02aus_pic03
参加した女性&男性

文責:小泉

全日本大会&水戸飲み会

 3月20日(日)、静岡県富士市・「丸火自然公園」で、第31回(!)全日本大会が開催され、ときわ走林会からは17名が出場しました。 主催者が「長年クローズテレインを満を持してのリメイク」と豪語するだけのことはあり、テレイン・地図・コースと三拍子揃った(揃いすぎて難しかった?)大会となりました。
 ときわ走林会のメンバーでは、男子選手権クラスの小泉成行がトップと30秒差で惜しくも2位になったのが唯一の入賞者でしたが、他のメンバーもそれぞれに楽しんできた模様です。

投稿者:齋藤さん

 大会後は水戸で県北地区飲み会が行われました。ときわ走林会から黒羽さん、八尋さん、片山さん、蛭田さん、高橋善徳さん、塙の6名が参加、また茨城大の学生&OBも6名も加わり12名での飲み会となりました。
 スケジュールの都合で会場予約をしていなかったため、テーブルが3つに分かれてしまったのが残念でしたが、大会後の疲れを癒しつつ親睦を深めました。次回の飲み会では、時間の余裕を持って、ぜひ全員で1つのテーブルを囲んでやりたいですね。

投稿者:塙さん

ときわ走林会会員の成績
M21E
2 小泉成行 1:38:08
8 高橋善徳 1:46:35
19 坂本貴史 1:55:27
24 高橋雄哉 1:58:25
31 佐々木良宜 2:04:02
W21E
12 高野麻記子 1:38:21
W20E
4 千葉 妙 1:20:51
M21A1
43 塙 利彦 1:40:05
M21A2
6 藤城公久 1:18:16
31 蛭田晃仁 1:31:55
33 宮城島俊太 1:32:41
M21AS
47 江崎公二 1:58:21
M35A
22 小林重信 1:45:32
M40A
33 山川 建 1:27:00
M45A
19 黒羽和之 1:20:38
M60A
7 上野山禎造 0:56:40
MBM
4 齋藤貴之 0:40:06

全日本大会成績

常陸風土記の丘パークO・トレイルO

 3月13日、茨城県石岡市常陸風土記の丘にて、第3回茨城県トレイルオリエンテーリング大会&パークオリエンテーリング大会(常陸風土記の丘パークOおよびトレイルO)か開催されました。

 参加者は、個人A:2名、一般組:1組、家族組:3組、トレイル:2名という、当日の気候と同じくお寒い限りの参加者数でした。
 ときわ走林会からは、上野山、江崎が運営者として参加しました。
競技形式(パークO)は個人Aは2マップのポイント-O(距離2500×2)、一般組、家族組は1マップです。

 また、当日はインストラクター養成講習会も併せて実施され、2名の受講生が当日の大会運営およびバーンOを行いました。

投稿者:江崎さん

日光インカレ2004

ic0402
ミドル男子選手権4位の高橋選手(右)と高野さん

 3月12、13日に栃木県日光市において学生選手権(インカレ)が開催され、ミドル競技・リレー競技が実施されました。

 12日に予選決勝方式で行われたミドル男子選手権に、ときわ走林会から坂本選手(筑波大4年)、宮井選手(図書館情報大4年)、高橋選手(図書館情報大3年)、佐藤郷(筑波大3年)、女子選手権に杉崎選手(筑波大4年)、千葉選手(筑波大1年)が出場しました。結果、坂本、高橋、佐藤、杉崎の4選手が予選を通過し決勝に進出、坂本選手が準優勝、高橋選手が4位入賞しました。

 13日にはリレー競技が実施され、選手権に茨城県内の茨城大、筑波大、図書館情報大の3大学から5チームが出場し、筑波大学男子が準優勝しました。また一般クラスでは千葉選手が出場した筑波大学の新人チームが新人賞を獲得しました。
 
ミドル選手権 ときわ走林会選手の成績
男子A決勝
1 山下智之 0:25:11 東京農工4
2 坂本貴史 0:25:24 筑波4
3 川上崇史 0:26:03 慶應義塾4
4 高橋雄哉 0:26:16 図書館情報3
25 佐藤 郷 0:30:38 筑波3
女子A決勝
1 原   直子 0:27:02 東京女子3
2 森澤 寿里 0:27:08 奈良女子3
3 千葉 光絵 0:28:10 宮城学院女子3
21 杉崎真由子 0:43:05 筑波4

男子B決勝B
15 宮井一帆 0:25:11 図書館情報4
女子B決勝B
25 千葉 妙 0:28:44 筑波1

リレー選手権 茨城県3大学の成績
男子
1   東北大学     2:19:14
2   筑波大学     2:20:29
3   京都大学     2:23:31
15  図書館情報大学 2:56:41
失格 茨城大学

女子
1  日本女子大学 2:14:57
2  東京農工大学 2:25:21
3  奈良女子大学 2:29:39
12 筑波大学    3:04:01
17 茨城大学    3:43:36

日光インカレ公式サイト
成績詳細

ic0401
クラブからときわ走林会選手へアミノバイタルが贈られました。(筑波大学の4選手)

文責:小泉

クラブ対抗リレー

saitamarelay
【写真】ミックスチーム、1走から2走へ

  2月27日、埼玉県寄居町にて行われたクラブ対抗リレーに参加してきました。この大会は2003年にLクラス優勝、2004年は2位と良い成績を残しており、今年は再び優勝を目指して臨みました。

ときわ走林会からはLクラスとMixクラスに2チーム出走しました。
 L 高橋善徳-坂本貴史-宮城島俊太
 Mix 高野麻記子-高橋善徳-高橋雄哉

 Lクラスは序盤からトップ集団を高橋さんと(図情チームで出てた)雄哉が率いていました。他の強豪選手を抑え、雄哉が見事にトップゴール。高橋さんもすぐに2走の坂本君にタッチ。1走高橋2走坂本と来るので、これは追われる展開だな、と思っていたのですが、80%地点のビジュアルではES関東の小暮さんがトップで通過。追う展開になりました。

 そして3走宮城島のスタートです。スタートフラッグまでの長い道走り(1km以上!)を経て4ポでES関東のトリムを発見。よし!これで追いついた!あとは抜くだけ!
 と、ここでちょっと安心してしまいました。その後微妙に離されたり追いついたりしましたが、公園部分で痛恨のミス(1分くらい)を してしまい、かなり気持ちが終わってました。何とか背中は見えていたのですが…。

 その後もミスをしつつ2位でゴール。
…と思いきやなんとペナ!?聞くとビジュアル区間でミスパンチしていました。マップも見ずにデモンストレーションで説明していたフラッグに向かったのですが、自分のコースでは他のコントロールだったようです。
…ちゃんと確認しなかった自分が悪いのですが、騙されたという気分です。パターン分かれているなら、デモンストレーションでフラッグ位置の説明までするなよ…と。

 一方、Mixクラスは高橋さんと雄哉が2回目出走のためオープンでしたが、2位に15分以上の差をつける圧勝でした。パターン内順位も3人ともトップ。雄哉にいたってはすべてのレッグで1位ラップでした!素晴らしい!

 そんなわけで、ときわ走林会の結果は「 Lクラス-DISQ Mixクラス-OPEN」となり、0点となってしまいました。残念。というか、申し訳ないです、はい。来年は3チームは出してクラブ対抗順位でも上を狙いたいものですね。

クラブ対抗リレー(埼玉県OL協会)

投稿者:宮城島さん
写真提供:O-Photo