2.クラブ大会・練習会の最近のブログ記事

寺垣内・勝山壮行スプリント大会

6月30日に茨城県土浦市にて寺垣内・勝山壮行スプリント大会を開催しました。
両名はそれぞれ世界選手権大会、世界学生選手権大会の日本代表に選出されており、他に筑波大生と合わせると、茨城県内で総勢7名もの選手が世界に挑みます。

梅雨が明けたこともあり、壮行会当日は朝からとても暑く、それでいて木陰に入ると涼しい風が差し込んで気持ちの良い天気でした。場所は霞ヶ浦総合公園で、景観の変化に富んだ都市型公園でタッチフリーSIを使用したスプリント競技でした。

Lクラスは関東パークOツアー2018の第6戦で、橘孝祐さん(ES関東C)が唯一の15分切りで1位となりました。今回はコース上に道路横断が存在したため、両側にコントロールを配置し横断中の計測を省略することで、競技の公平性を保ちました。
Sクラスと練習用Specialクラス含めて3回出走した猛者もおり、暑さに負けない強さを感じました。

20180630_peprally01

最後に、代表選手の紹介と所信表明を行い、世界に向けての意気込みを聞くことができました。各選手のご活躍に期待します!
出場大会、および日程は以下の通りです。

世界選手権大会 WOC(8月4〜11日、ラトビア)
 寺垣内航(京葉OLクラブ)
世界学生選手権大会 WUOC(7月17〜21日、フィンランド)
 勝山佳恵(茨城大4年・ときわ走林会)

ちなみにその後は土浦駅で運営お疲れ様会をやりました。今回は茨城大生の若手にも手伝ってもらいとても助かりました。暑い中ありがとうございました。

20180630_peprally02

参考ページ

第11回いしおかトレイルラン大会

2018年4月29日に茨城県石岡市で開催された「いしおかトレイルラン大会」へ、昨年に引き続きときわ走林会から4名が参加しました。

20180429-ishioka-1.jpg

いしおかトレイルラン大会には距離別に4つのクラスがあります。

・スーパーロングの部 51km
・ロングの部 約27km
・ミドルの部 約17km
・ショートの部 約9km

今回は4人全員がミドルの部(17km)への参加です。

20180429-ishioka-3.jpg20180429-ishioka-4.jpg

スタートの様子。各コース300名ずつが一斉スタートです。

20180429-ishioka-5.jpg20180429-ishioka-6.jpg

山を走り、駆け下りてきて最後の給水ポイントへ。

20180429-ishioka-7.jpg20180429-ishioka-8.jpg

給水後はフィニッシュまで田んぼ沿いの平坦な道を約2km!これが最後の最後でけっこうキツかったりするのです。


結果はまだネット上には出ていないようですが、それぞれ満足したようです。昨年よりも記録が落ちてしまったりもしましたが...。毎年同じコースでのトレイルランニングなので、1年に1回の体力測定としてもいいかもしれませんね。

大会終了後はつくばに移動し、お疲れ様会となりました。トレイルラン大会のことはもちろん、新入会員のことや今後の大会参加、そして12月に開催する15周年記念大会のことなど大いに盛り上がりました。

今年度もオリエンテーリングを中心に楽しく活動していきたいですね。

第2回ときわパークO

2月17日に埼玉県北葛飾郡松伏町にて第2回ときわパークOを開催しました。
松伏町は埼玉県の東側に位置し、テレインとなるまつぶし緑の丘公園は、広場ゾーン、水辺ゾーン、里山ゾーンの3つから構成される総合公園です。まだまだ発展途中らしいこの場所で今回は新規地図でのパークOでした。

Lクラスは関東パークOツアーの第15戦です。
コースプランナーの稲田さんに、今回のコースを振り返ってもらいました。

─────

パークOでありがちな"走るだけ"のコースにならないようにルートチョイスで悩ませるレッグ、アタックでの細かい地図読みを要求するレッグ、斜面上でのナビゲーション、コンパスをしっかり振らずに感覚に頼るとズレてしまうレッグなどを盛り込むことで、走っていて飽きが来ないようなコースを作りました。
また、Lクラスではレース中盤あたりに地図交換することで、後半どう回されるのかわからないスリル(わくわく感?)も味わっていただけるようなコースにしました。

20180217_matsubushi01.jpg

多くの方に自分の作ったコースを走っていただけて、たくさんの感想もいただけて、とても光栄でした。
ご参加ありがとうございました。何回もお山を登らせてしまい、本当にすみませんでした(笑)

─────

おまけのエクストラクラスでは、斜面のある里山ゾーンに見事な星形のレッグ線が浮かび上がり、コースプランナーのこだわりが感じられました(笑)

20180217_matsubushi02.jpg

また、初心者クラスも設け、家族連れでも気軽に一緒に楽しまれていました。中には一般来園者のお子さんがオリエンテーリングに興味を持って遊んでいく、なんて場面もありました。

さらに、この時期は冬季オリンピックが開催中です。
参加者の多くが走り終わり、まばらに帰り始める頃、会場から出たロビーの大型テレビではフィギュアスケートの中継が映し出されていて、男子シングルフリースケーティングがまさに競技中でした。金メダル羽生選手、銀メダル宇野選手、おめでとうございます!

20180217_matsubushi03.jpg

関東パークOツアーも残り1戦となります。参加される皆さまがんばってください!

参考ページ