2.クラブ大会・練習会の最近のブログ記事

ウィンターキャンプ2018

1月13〜14日に栃木県にて恒例行事のウィンターキャンプを開催しました。
サマーキャンプに続いて、筑波大学と茨城大学も交えた合同練習会となりました。

1日目は矢板市『矢板日新』でミドルレース。
終盤は伐採エリアと重なったため、インカレの部内セレクションに使用している学生たちは途中で終了し、公平性が特に重要ではないときわ会員が最後まで堪能しました。
伐採されたピークからの眺めはある意味よかったと思います。
レース後のサーキットは、各々テレインの復習や下級生を指導していました。

夜は、プロジェクターで地図を大きく映し出し、レースを振り返りました。
グループごとの読み合わせと比べて、全員が速い人のルートや思考を共有できるため勉強になりました。

20180114_wintercamp_01.jpg

2日目は日光市『日光所野』です。
まずはファシュタレース。3グループに分かれたものの一斉スタートなため序盤の競り合いは凄まじいものでした。
また、このレースはときわ杯を兼ねており、各パターンに寄らず、『巡航速度とミス率の合計が最も低い人』で決めました。
結果、細川さんが運営者をも寄せ付けない大差で優勝しました。賞品のカニは、細川さんのご厚意により皆さんも一緒にいただきました。とても美味しかったです!

20180114_wintercamp_02.JPG

レース後はグループを組み替えてチェイシングインターバル。3つのコントロールごとに小休止して再び一斉スタートするため、実力の近い者同士は緊張感を持って臨めたことでしょう。

日陰は寒かったもののよく晴れたオリエンテーリング日和でした。2日間お疲れさまでした!

参考ページ

ミドル対策公開練習会

12月10日に栃木県日光市にてミドル対策公開練習会を開催しました。
ミドル競技が中心となる冬季に入り、学生はインカレ地区選考会が各地で始まるということで、対策を目的とした練習会でした。

テレインは『不動の滝(北)』で、1本目のレースは2009年度関東ミドルセレのコースを再現しました。男女共に全体的な競技レベルが上がっているようで、かつての偉大な先輩たちと比べることができておもしろいです。

レース後は、招待コーチごとに班で別れてファシュタ、さらにもう1本サーキットコースを回りました。普段とは違う緊張感を持って臨めたかもしれませんね。
小暮さん、渡辺さん、寺垣内さん、松澤さん、そしてコーチ兼コース設定者の細川さん、ご協力いただきありがとうございました。

参考ページ

いしおかトレイルラン大会

4月29日に茨城県石岡市でいしおかトレイルラン大会が開催され、ときわからは11名が参加しました。

参加したコースは、会場前の長尾根を登り、尾根上を走って下りて来る9.3kmの「ショート」、尾根の向こう側の林道も走る15.7kmの「ミドル」、さらに尾根の先まで行って戻って来る26.2kmの「ロング」の3種類でした。
筑波山系のためやはり斜面が急で登りが苦しかったですが、新緑や眼下の眺望が美しく、地元のエイドも味わえる、楽しいコースでした。

結果は、ショート女子クラスでは勝山さんが入賞、ミドル男子クラスでは新入会員となった細川さんが準優勝しました!
また、女性でありながら会内で唯一ロングコースに挑戦した八尋さんも、見事完走を果たしました。
レース後は地元のイチゴが振る舞われ、「食べ放題」という前評判に違わずお腹いっぱいイチゴを食べることができました。しかもすごく甘かったです。
トレラン初参加の方も多かったのですが、「初心者でもとても楽しめて入門するにはいい大会だ」と話していました。

申込んでいないけれども会場まで自転車で応援に来たり、その後上尾ナイトOに向ったアクティブな会員もいました。
行き帰りの自転車、トレラン、レース後のイチゴ、3次会まで盛り上がった打ち上げと、最初から最後までとても楽しめた1日でした。

レース前(上)とレース後(下)の様子