ときわ走林会公式ウェブサイト

ニュース クラブ紹介 イベント一覧 地図販売 資料・記録 リンク 会員用

▎ときわ走林会ニュース

最新ニュースをお届けします。
オリエンテーリングに興味のある方、社会人になっても続けたい方、とにかく自然の中を走りたい方、ぜひご連絡ください!

百八式の魅力2「テレインと試走の感触」

12月29日に開催する煩悩滅却 百八式、今回は競技範囲と試走ついてお伝えします。

■テレイン
本大会は108コントロールもの超長距離レースとなるため、とても単一テレインでは収まりません。そこでYMOE社ご協力のもと、矢板市の複数テレインを使用します。
具体的には、「矢板幸岡」「矢板山苗代」「倉掛遊水地」の各地図をつなげた広大な範囲で、煩悩を滅せるコースをご提供します。
各地図がどのようにつながっているか、日本学連の地図販売ページにてご覧になれます。

■試走
10月13~14日に1回目の試走合宿を行い、実行委員長の八神さんに感想をうかがってみました。

-----
今回は七二式のコース案を走りました。10月と言うことで、ヤブは「最盛期は過ぎたかな」というところでしょうか。所々、間違えたかのようなスーパーA斜面が広がる辺り、やはり「いかにも矢板」なテレインの印象でした。踝ソックスで挑んだため、すね回りが大変なことになりましたが...。
コースの方は、必然的にコンピ区間が多いと言うことで、目まぐるしいナビゲーションの良い練習になりました。

108test

次回試走は12月上旬を予定しています。その頃にはきっと植生も格段に改善していることでしょう。
爽やかな(はずの)冬の矢板テレインで、皆様のご参加をお待ちしております。
-----

■参加にあたっての注意
なお、本大会への参加を検討していただくにあたり、注意事項を追加掲載しております。

長時間レースとなるため、まずはご自身の実力を顧みていただき、各クラスとも携行食持参などの装備を推奨します。(三六式と言えどもロング競技に値する距離ですよ)
過去に開催された百式の結果も参考にしてください。

不明点がございましたら下記メールアドレスへお問い合わせください。

  • tokiwa108_info@googlegroups.com
    (@を全角→半角に置き換えてください)

クラブカップ2018 おまけ登山

同じくクラブカップでは、オリエンテーリングの他に瑞牆山と赤岳に登りました。それぞれ八神さんと稲田さんより報告していただきます。

【10月6日】瑞牆山

mt_mizugaki1八神です。

会内登山部では、クラブカップミドルの裏で瑞牆山に登ってきました。
瑞牆山は標高2230m、日本百名山のひとつに数えられる山で、秩父山脈の西端に位置します。奇岩が乱立する姿はとても印象的で、今回の大会会場から仰ぎ見た方も多いことでしょう。

天気はあいにくの小雨模様。景色が楽しめない分、一心不乱に登り続け、コースタイムの半分以下で登頂しました。そして頂上もガスの中。ミドル会場を上界から見下ろすことは叶いませんでした。

下りはミドル会場に向かう別ルートで。沢底のなだらかなトレイルは走るのに打ってつけ。また、途中で現れた「不動滝」では晴れ間も覗き、青空・滝・紅葉の絶景を楽しむことができました。

mt_mizugaki2下山口は偶然にもミドルのスタート地区。スタート役員を驚かせつつ、テープ誘導を逆走して会場に向かい、ミドル出場組のメンバーと合流しました。
会場から瑞牆山を見上げれば、まさかの青空。我々のペースが速すぎたのかもしれません。ちょっと心残りではありましたが、リレーの前のウォーミングアップとしては程よい登山でした。

【10月8日】赤岳

稲田です。

CC7の翌日、会内登山部有志&茨大OLDの学生さんで日本百名山の一つ「赤岳」に登ってきました。赤岳は、長野県南佐久郡南牧村、諏訪郡原村、茅野市、山梨県北杜市にまたがる標高2,899 m、八ヶ岳連峰の最高峰の山です。

スタート地点は宿泊地、八ヶ岳美し森ロッジの駐車場。パーマネントコースの一部と思われるものが出発を見送ってくれました。この時の天気はあいにくの曇り空でしたが、登って行けば雲が消えて絶景が現れることを期待して、CC7で疲れた体に鞭打ち、ひたすら登り続けます。

mt_akadake1 mt_akadake3

山頂の直前に待ち構えていた急登、岩場、鎖場などの難関を攻略し、一息ついているところで、山の妖精オコジョと運命的な遭遇。ファンサービス精神の強いオコジョだったのか、何度も何度も木々の間に身を隠しては姿を現し、カメラ目線を繰り返してくれました。もう、かわいすぎ。

こうして癒しをもらい、スタート地点から登り続けること3時間20分ほどで目的地、赤岳山頂に辿り着きました。山頂は快晴で、周囲の山々はもちろん遠くの山までばっちりみえました。最高の景色に囲まれた中で食う飯は本当に美味しい。下りは登り苦労した分、とても爽快でした。

クラブで有志募ってふらっと山登りにいけるのがクラブチームに所属することのいいところの一つだと思います。
ときわはみんな自由に自分のペースで活動している人が多いのでそんな環境でオリエンテーリングや登山などやっていきたい人にはぴったりのクラブかなと。CC7終えて、社会人クラブ入りたいなって思った人、ときわはとっても居心地のいいクラブなのでおすすめですよ。

mt_akadake4

クラブカップ2018

10月6〜7日に山梨県北杜市にてトータスクラブカップミドル、クラブカップ7人リレーが開催されました。
テレインは標高1500mに位置する「瑞牆の森」で、見通しの良さはウワサ通り抜群でした。台風が心配されたものの大きな影響はなく、リレーは暑いくらいの快晴でした。

20181007_cc7.JPG
快晴の7人リレー会場

ミドルでは6名が参加し、一般WSクラスで常住さんが優勝!
選手権クラスは時間をずらし、大会会場内にスタート、スペクテーターズレーン、フィニッシュが設けられ、ステージ上には上位クラブ代表者が集められ、逐一実況者に合わせて自クラブをアピールするなど、終始観戦者が楽しめる構成でした。
OKリーグでも貢献中の稲田さんが、選手権MEクラスで出場。結果は23位とタフなテレインの洗礼を浴びたようでしたが、最後まで力強く走りきりました。

20181006_ina.JPG 20181006_tsune.JPG
フィニッシュする稲田さん(左)、WS優勝の常住さん(右)

登山組と合流し、増富ラジウム温泉で身体を癒し、リレーの作戦会議しつつ懇親会。
新たに作ったときわTシャツがお披露目されました。

20181006_rizen-hutte.jpg 20181006_t-shirt.JPG
大自然の癒し(左)、Tシャツにワンポイントカラーを入れるため奮闘中の筆者西名(右)

7人リレーでは、7人クラス2チーム、4人クラス1チームで参戦。
前日のミドルとはあまり被らないエリアでコース設定されており、テレインの広さを感じました。
この日は高所とは思えない暑さで、1走はともかく以降の選手は、気温が高くなる時間帯かつタフなコースで給水を余儀なくされている印象を受けました。
最近は新規会員が目立つときわですが、他クラブの勢いも凄まじく、正規チームは17位となりました。残り2チームも手堅く完走し、来年への期待が高まります。

20181007_yaga2j.JPG 20181007_nishi2tani.JPG
Aチーム八神2走→田中3走(左)、Bチーム西名1走→谷野2走(右)

20181007_hoso.JPG 20181007_miya.jpg
給水中Aチームエース細川4走(左)、Cチーム宮城島2走(右)

筑波大や茨城大のチームで参加している学生会員もいたり、集まってみると実は多いと感じました。来年もがんばりましょう!

ときわ走林会A(稲田 - 八神 - 田中 - 細川 - 八尋 - 常住 - 石輪)正規17位
ときわ走林会B(西名 - 谷野 - 小竹* - 松崎 - 楠* - 野沢* - 川﨑)オープン完走
ときわ走林会C(蛭田 - 宮城島 - 中澤 - 小林)オープン完走
*小竹さん、楠くん、野沢くんにはBチームで助っ人参戦していただきました。ありがとうございました。

20181007_all.jpg

参考ページ